生理痛の治療

生理痛の症状

お悩みありませんか

  • 生理痛が酷く学校や仕事を休んでしまう
  • 痛み止めがないと生理痛が我慢できない
  • 痛み止めを服用する頻度が増えている
  • 最近は頭痛も起こる様になっている
こんな生理痛のお悩みありませんか

生理痛について

生理痛の痛みに痛み止めを使う事に、賛否両論あります。
何を信じたらいいのか?迷われるところですね。
最近は痛み止めやピルを簡単に処方される様になりましたが、
それは対症療法でしかありません。
生理痛について

放っておくと

私は女の子が痛み止めを簡単に手にする事に大反対です。
痛むのには理由があります。
それを無視して蓋をしたら
時間をかけて身体が蝕まれていきます。
 
痛み止めが作ったリーキーガット(腸もれ)で、
頭痛・アトピー・うつ・潰瘍性大腸炎を初めとする炎症性腸疾患…
さまざまな次の病気を引き起こします。
放っておくと
生理痛を楽にするために痛み止めを服用していたのに
大人になるにつれ、ひどい頭痛に悩まされていませんか?
それで更に痛み止めを服用する機会が増えていませんか?
 
私は、炎症性腸疾患の患者さんをたくさん治療していますが、
その大部分が痛み止めを毎月服用されていた方です。
私自身もそうでした。
 
痛み止めを服用するのは簡単です。
直ぐに効いて痛みは無くなるし、お金もかからない。
 
私も、現在当院に治療に通われてる潰瘍性大腸炎の女性たちも、
みんなそうだったんです。
 
でもこんな病気になるなんて
まさか、私だなんて・・・
 
もし、今あなたやお子様が

膝痛で立ち上がれない

生理痛がひどくて
痛み止めを服用している
股関節痛で長時間歩いてられない

最近、頻繁に頭痛が
起こるようになっている
のであれば、要注意です。

当院での改善方法

生理痛では「冷やさない」ではなく、「積極的に温める」が原則。
とにかく現代の女性は冷えています。
小学生の女の子ですら冷えがあります。
治療では、さまざまな種類のお灸を用いて子宮を積極的に温め養生し、
鍼でお体全体を巡らせ子宮を滋養して痛みの出ない健康な生理に導きます。
 
【中高生の生理痛は】
まだ若い中高生だと、大半の子が1ヶ月4回の治療で
次の生理には痛み止めなしに生理中を過ごせています。
 
【大人の女性でも】
約半数の方は1ヶ月の治療で
痛みは軽減します。
大人の子宮冷えは根深く、
中高生に比べ時間がかかります。
ただし、ご指導する家庭での
子宮養生(お灸)を
実践していただくと、

1ヶ月で痛み止め不要の
生理を迎えられる方もかなりおられます。


当院の改善方法1
当院の改善方法2

料金・施術時間

中高生の方
中高生初回お試し:980円(税別)
(別途 初診料2,000円+税 がかかります)

中高生の生理痛:4,980円(税別)
1ヶ月集中治療
(4回):18,000円(税別)
施術時間 30分
大人の方
大人の初回お試し:1,980円(税別)
(別途 初診料2,000円+税 がかかります)

大人の生理痛:5,980円(税別)
1ヶ月集中治療
(4回):21,600円(税別)
施術時間 40分

お問い合わせ

スマートフォン用の画像

※留守電に繋がります。お名前とご希望コースをお知らせください

lineで予約する
QRコード
スマートフォン用の画像