肩こり治療

肩こりの症状

お悩みありませんか

  • 痛くて気分が晴れない
  • 痛みで家事や仕事に集中できない
  • 1年以上痛み止めを常用している
  • 整形にかかっているが改善がない
  • マッサージに何年も通っている
  • 肩こりから頭痛が起こる
こんな肩こりのお悩みありませんか

肩こりについて

肩こりと一言で言っても、
その痛みは学校や仕事を休むほど重篤な場合もあります。
大人は「痛い・痛い」と訴えながら仕事をすることはできないので
黙って我慢・ストレスが溜まり、生活の質は一気に下がります。
 
外では我慢できても、家に帰ると一気にストレスが爆発して
つい口調も荒くなり、家庭の雰囲気も悪くなります。
家事が苦痛で苦痛で仕方なくなります。
肩こりについて
慢性的に痛み止めを常用している方
痛み止めの成分が引き起こす、リーキーガット(腸もれ)で、
アトピーやアレルギー・うつや炎症性腸疾患などさまざまな病気を引き起こす可能性が高くなります。
当院では「潰瘍性大腸炎の鍼灸治療」を積極的に行っておりますが、
来院される患者のほとんどは痛み止めの常用者です。
 
【肩こり→痛み止め】の構図ができておられる方、
今、私がお話しした症状に心当たりがおありでしたら、要注意です。
肩こりについて

放っておくと

肩が痛くて上がらないと、人は痛くないように腕を上げることを
覚えます。

体全体を横に倒して痛い腕を上げるのです。
こうすれば腕は上がります。
 
こうした動作は代償動作と言われ、
本来の身体の自然な動きではないために負担がかかり
背中や腰を痛めます。

 
腰を痛めたら、今度は膝が悪くなります
こうやってどんどん生活の質が落ちていくのです。
放っておくと

当院での改善方法

当院は鍼灸専門院ですので
患者さんの痛み、体格、鍼経験の有無などを考慮しながら治療を進めます。
 
鍼を術者が数本打って電気を流しておしまい・・のお任せ治療の経験はないですか?
ほら?痛くない、何も感じないでしょ?が売りの治療をされた経験はないですか?
治りましたか?と聞かれ、ちょっと良くならないけど、
痛くなかったし、なんか楽になったよーな気がする・・ではなかったですか?
 
腰痛・肩こりについては、トリガーポイントに的確に鍼を当ててナンボだと思っています。
的確にポイントをとらえると、筋肉が勝手にピクッと反応する”トゥイッチ”という響きがあります。
(痛みではないのでご安心くださいね)
 
トリガーポイントに鍼を当てるには
術者が筋肉の解剖学的走行を叩き込み、イメージできなくてはなりません。
そして触診でその場所を的確に見つけられる技術も必要です。
 
そして何より、術者は独りよがりにならず、
きちんと患者さんと痛みのポイントを探す共同作業をするべきだと思っています。
術者がポイントを捉えても、鍼先はとても小さいものです。
患者さんは、治療に慣れるとわかってきます。
ポイントに近いのか、当たったのか、僅かに離れているのか、
お互いがチームとなって腰痛に対峙すると、効果は抜群に出ます。
 
術者は、ひとりよがりの自己満治療をしない
患者さんは、術者お任せ主義にならない
 
これが、腰痛と肩こり治療における鍼助の治療スタイルです。


当院の改善方法1
当院の改善方法2

料金・施術時間

初回限定:3,980円(税別)(別途 初診料2,000円+税 がかかります)
通常料金:8,800円(税別)
施術時間 50分

お問い合わせ

スマートフォン用の画像

※留守電に繋がります。お名前とご希望コースをお知らせください

lineで予約する
QRコード
スマートフォン用の画像